調剤薬局の人工透析や腎臓の病についての情報サイト

腎臓の役割

腎臓はおなかの後ろ側、後腹膜臓器として背骨を挟んで左右に一個ずつあります。その大きさは長さ12cm程度で、重さは150gほどです。腎臓は、体内の老廃物(毒素や余分な水分)を除去し、尿として排泄、身体を弱アルカリ性に保つ、血液や赤血球の量の調節、骨の健康を維持する、電解質のバランスの調節、ホルモンをつくる、といった役割があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

尿検査は、一般の健康診断で必ず行われる検査項目です。健康な人ならば、職場や地域で年1〜2回行われる健康診断を受けることで腎臓病のチェックを十分に行うことができます。たんぱく尿、血尿が陽性の場合には腎臓の働きが悪くなっていることが疑われます。 腎臓病には多くの種類があり、病気の進行速度も対処法もそれぞれ違います。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

腎臓病の種類には、慢性腎炎(むくみ、血尿、たんぱく尿、高血圧などの症状が長期にわたって持続します。)、ネフローゼ症候群(おもな症状は、浮腫(むくみ)や大量の蛋白尿、高脂血症で、原因不明の特発性ネフローゼ症候群と、原因のわかっている続発性ネフローゼ症候群があります。)腎硬化症(腎臓の血管に動脈硬化症が起こると、血管が狭くなって腎臓の血流が不足し、腎組織が障害を受けて腎機能が低下することです。)、多発性のう胞腎(腎臓に嚢胞(水がたまった袋)がたくさんできて、腎臓の働きが徐々に低下していく、遺伝性の病気です)、があります。

 

薬局