調剤薬局の人工透析や腎臓の病についての情報サイト

人工透析になるきっかけとは

慢性腎炎や糖尿病が進行し、腎臓の働きが悪くなり、正常な状態に戻らないことを腎不全といいます。腎不全になると尿が正常に作られなくなり水や尿素窒素・電解質などの体液の調整ができなくなります。それにより食欲不振、胸が苦しい、息切れ、むくみなどの症状が出るようになります。また高血圧や貧血、カルシウムの不足などが起こります。病気が進行し腎不全の末期=尿毒症になると、肺水腫、中枢神経並びに消化管の出血が起こり、人工透析治療または腎臓移植をしなければ生命を維持できなくなります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

このうち、腎臓移植については、生体腎移植にしても死体腎移植にしても医療技術の進歩はともかく、まだまだ社会的な腎移植環境が整っていないので、ほとんど人工透析を選択するのが現状となっています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

また人工透析は従来、腎臓だけの病気の患者に行っているものでしたが、最近では腎臓の病気だけではなく糖尿病性腎不全など全身に動脈硬化を合併している透析患者の割合が増え全体の3割を越えており、更に増加傾向にあるといわれています。 この高齢化と合併症の透析患者が増えてきているのは比例関係にあるといえ、透析を行う上で、透析技術が進歩してきているのを前提にしても、大きな障害になっているのも現状です。

 

薬剤師国家試験