調剤薬局の人工透析や腎臓の病についての情報サイト

透析患者が注意するべきこと

現在20%以上の人が10年以上透析を受けているといわれていますが、透析療法を長く続けていくと、様々な合併症が現れてきます。どのようなことが原因で、どのような合併症が現れるか、以前に比べ予想できるようになってきましたが、透析療法が始まった頃は、長期透析の合併症など見当もつかない状態で、なにより“今日を無事に乗り越える”ことが目標でした。しかし現在では、長期透析患者が経験し、苦しんだ合併症を調べることで、合併症の予防法や治療法がある程度みつかってきています。勿論、現在でも予防の困難な合併症もありますが、一般的には体重管理・食事療法などにより予防できることが随分あることがわかっています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

主な合併症には、心不全、感染症、脳血管障害、栄養障害、低血圧症などがあります。また、主にビタミンD活性化障害のため低カルシウム血症になりやすいです。低カルシウム血症の刺激により副甲状腺からのPTH(副甲状腺ホルモン)分泌が亢進し、骨を壊す破骨細胞が活性化されると、骨からのカルシウム放出が増大します。その結果、骨粗鬆症および異所性石灰化が起こりやすくなります。異所性石灰化は動脈硬化性病変の進行を促して、心血管系や脳血管系の障害発生を高めます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

透析患者の死亡原因では心血管・脳血管系の障害が上位を占めています。 また腎不全のために人工透析を長期受けている人は腎臓がんになるリスクが上がることも知られています。

 

調剤薬局

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理