調剤薬局の人工透析や腎臓の病についての情報サイト

急性腎不全と人工透析

急性腎不全とは、何らかの原因により腎機能が急激に低下(数時間から数週間)し、その結果、高クレアチニン血症(血清クレアチニンの高値)、高窒素(ちっそ)血症(血中尿素窒素の高値)、体液中の水・電解質異常などが起こり、体の内部環境の維持ができなくなった状態のことです。尿量の減少を伴う乏尿性(ぼうにょうせい)急性腎不全(尿量が400ml/日以下)と伴わない非乏尿性急性腎不全に分けられ、30〜60%が非乏尿性といわれています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

原因は、障害された部位によって腎前性(じんぜんせい)、腎性、腎後性(じんごせい)に分けられます。それぞれが占める割合は腎前性55〜60%、腎性35〜40%、腎後性5%以下といわれていますが、時間の経過とともにこれらの原因が組み合わさって、病態がより複雑になります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

治療の基本は、原因となる病態を改善し、腎機能が回復するまで、腎不全により破綻した体内の内部環境を維持することです。薬物治療で臨床上、効果が証明されたものはないといわれています。進行した急性腎不全には人工透析が必要になります。多くの急性腎性腎不全は急性尿細管壊死であるため、透析導入にて合併症を回避し、乏尿期から利尿期に移行すれば数日で透析から離脱することができます。しかし、多臓器不全の場合は十分な利尿が得られないことが多いです。

 

薬剤師 求人