調剤薬局の人工透析や腎臓の病についての情報サイト

腹膜透析とは

腹膜透析とは、お腹の中(腹腔内)にカテーテルを植え込む手術をし、そのカテーテルを通して、お腹の中(腹腔内)に一定時間、透析液を入れておく事によって体の中にいらなくなった毒素や余分な水が、腹膜の血管を通して透析液に出るというしくみです。つまり、腹膜が人工腎臓の役割を果たします。腹膜透析は、通常1日4回(1回30〜40分)自宅や職場で透析液の交換を患者自身で行います。つまり自己管理で透析療法を行うことになります。腹膜透析は腎臓を治す治療ではなく、あくまでも働かなくなった腎臓の代わりに、体の中の毒素や余分な水を取り除く治療です。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

腹膜透析の利点は、週3〜4日の血液透析に比べて通院が少なくなり、月2回程度でよい、一回4〜5時間の血液透析に比べてゆっくり透析が行われる為、副作用が軽い、血液を外に出さない為、心臓や血管の負担が少ない、食事制限が血液透析と比べて、制限がゆるやかになる、などがあげられます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

一方、欠点は、おなかの中に細菌が入り、腹膜炎をおこすことがある、透析液を使うとき、細菌が入らないように消毒を自分で確実に行う必要がある、おなかの中に、いつも1〜2Lの透析液を入れているため、腰痛になることがある、透析液のブドウ糖が体内に吸収され、カロリーの摂りすぎになることがある(ブドウ糖を使っていない透析液もあります。)などがあげられます。

 

薬剤師 転職