調剤薬局の人工透析や腎臓の病についての情報サイト

血液透析とは

血液透析とは人工腎臓と呼ばれる透析器(ダイアライザー)に一定量の血液を送り、血液中にある老廃物や余分な水分を除去し、血液をきれいにして体内に戻す治療法です。通常、病院やクリニックなど透析施設で行い、治療の回数としては週2〜3回で、1回4〜5時間かけて治療を行います。日本では透析患者のほとんどがこの治療を行っています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

血液透析では、透析を行う機械で血液を循環させます。腕の血管に針を刺し、血液回路を透析装置(コンソール)にセットします。この回路に血液を循環させるのが血液ポンプの働きです。血液が血液ポンプにより動脈側回路より取り出され、ダイアライザーに送られ、半透膜で作られた細い中空糸の中を通り、きれいになった血液は、静脈側回路を通って体内に戻される、という仕組みになっています。 血液透析を受けていく上での代表的な問題点は、週2〜3回通院し、1回4〜5時間拘束される、

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

透析の際に針を刺す痛みがストレスになる、血液の凝固を抑える薬剤を使うので、透析中や透析後、しばらく出血しやすい、透析中、血圧の下降、筋肉のけいれん、頭痛、吐き気などが起きることがある、透析前後で体調の変動が大きく体に負担がかかる、水分や食事の制限が厳しい、長く透析を続けているとさまざまな合併症が現れてくることがある、などがあげられます。

 

ドラッグストア